香水の知識

持ち運びに便利な香水アトマイザーおすすめ5選

香水に使い慣れてくるとお気に入りの香水も増えてくるもの。でも香水アトマイザーは必要なの?量の少ないボトルの香水でいいのではと思う方もいるのではないでしょうか。

実は香水アトマイザーは香水好きなら必ずバッグにいれておきたい必需品といえます。アトマイザーならいつでもどこでも、お気に入りの香水が楽しめるからです。

また好きな香りがたくさんあってもアトマイザー―に詰め替えれば大丈夫。それに最近は通販サイトで買える使い勝手のいい香水のアトマイザーが増えています。

今回は香水を楽しむためのおすすめのアトマイザーを厳選して5つご紹介していきます。

 

ヤマダアトマイザー5204

おすすめの香水アトマイザーで常にランキング1位のロングセラー、香水アトマイザーの定番です。

ヤマダアトマイザーは香水容器のメーカーでアトマイザーの老舗ともいえるほど。シンプルな透明タイプのアトマイザーですが、香水を知りつくしている会社のアトマイザーだけに液漏れもなく人気の定番商品です。

香水を詰め替えてスプレーしたとの霧も、細かくでるなど細部へのこだわりがあります。いろいろありすぎて迷うという方は価格もお手頃なこちらのアトマイザーからはじめてみては?

 

30011 詰め替えセット

香水をアトマイザーに詰め替える時に必要な、ヤマダアトマイザーの詰め替え用のセットです。どんなタイプの香水でもアトマイザーに詰め替える時に必要になるスポイトや注射器、漏斗などがそろっています。

アトマイザーを購入するとスポイトなどがついている場合がありますが、スポイトが壊れてしまった場合やどんなタイプの香水瓶にも使えるので1つあると便利です。

 

Waltz&Fガラス製香水瓶 フレグランスボトル

6種類の様々な違うタイプのガラスでサイズも違う携帯用の香水瓶です。機能的なアトマイザーより可愛らしいタイプのアトマイザーをいつももっていたいという方にもおすすめ。

シンプルなデザインもあるので大人っぽい香水瓶が好みの方にも使えます。

Waltz&Fというクリスタルガラスも扱う会社で、手作り感のあるこだわった香水瓶が携帯用に楽しめます。6mlから12mlとサイズも様々なので旅行用に好きな香りを使い分けるのもおすすめです。

キャップも安定感のある瓶もしっかりしていて好評です。

 

ShopXJ 香水 アトマイザー ロールオン

香水アトマイザーはスプレータイプと香水瓶のタイプと用途別に持っているととても便利ですが、ロールオンタイプももっておきたいアトマイザーの1つです。アトマイザーは結構もっているけどこれは持っていなかったという方も意外に多いはず。

こちらはスポイトもついていて4色の中から選ぶタイプです。乳液などの保湿液も詰め替える事ができます。

香水を強く香らせたくない方、または湿気の強い夏に匂いの気になる部分にロールオンする使い方もおすすめです。シンプルでメタリックな容器は色を選ぶのも楽しくなりますね。

 

THE BOTTLE 100mL ザ ボトル

窪塚洋介愛用のスキンケアで知られるメンズスキンケアブランドから香水アトマイザーとしても人気の商品です。

100mlサイズは香水の使用頻度が増える湿気の多い夏にもっていていたいタイプ。軽い容器はオフィスでも旅行先や出張先でも手軽に使えるメンズご愛用率の高いアトマイザーです。

サッパリとした清涼感のある香りの香水の詰め替えにおすすめです。

 

AsaNana ポータブル クイック 香水噴霧器

香水アトマイザーで売れ筋ランキング上位、特に女性に人気のアトマイザーです。

その理由は使い勝手がいいという事。詰め替えに使用していたスポイトは必要ありません。アトマイザー本体の下の穴を直接詰め替えたい香水に差し込んで、ワンプッシュで詰め替えられるというスグレモノです。

香水のキャップがはずせないものやノズルの状態によっては使用できないものもありますので、詰め替えたい香水を確認しておきましょう。

容器は二重構造になっているので、中身も確認できます。価格も香水アトマイザーとしてはお高めですが価格以上という声も。

ローズゴールドは女性に人気。黒やグレー系は男性にも人気です。詰め替えを楽に簡単にしたいという方におすすめです。

 

まとめ

香水アトマイザーのおすすめを厳選してご紹介していきましたが、意外に種類が多かったと思いませんでしたか?

香水を上手に使うことはエチケットやマナーの1つとも言えます。外出先やオフィスで香水を品よく香らせるためにも、アトマイザーは必須アイテム。アトマイザーは香水を携帯してもつだけの容器のイメージがあるので手軽に購入できる100円ショップのアトマイザーもよく買われています。

その反面意液漏れがあったり、こわれやすかったりするアトマイザーがあることも。毎日お気に入りの香水の香りをバッグにいれておくアトマイザーにはこだわりたいもの。香りを使い分けることができるアトマイザーでぜひ香水上手になってくださいね。

ABOUT ME
まお@MALQS編集長
まお@MALQS編集長
自分の好きな香りをまとうだけでとても幸せな気分になれることをもっと多くの人に知ってもらいたいです。 日本人にとって香水はあまり馴染み深いものではありませんが、段々と使用している人が増えています。 もっとたくさんの人に気軽に香水を楽しんで欲しいと思っています。